スポンサーリンク

おすすめ異世界漫画“ランドセルと異世界さんぽ”

ネタバレを多く含むので気になる方はお戻り下さい。

こんにちは、漫画大好きカワです。(-.-)

今回紹介するのは、comicwalkerで配信中の作品。

タイトル

“ランドセルと異世界さんぽ”

登場人物

  • 女子小学生:道子みちこ
  • 男子小学生:アキラ
  • 女子小学生:ひかる
上:道子・右下:アキラ・左下:ひかる

“ランドセルと異世界さんぽ”第1話の1ページ

出典元:comicwalker・ランドセルと異世界さんぽ第1話の1ページ
コミックウォーカー

序盤・あらすじ

陽射しが降り注ぐ大きな木の下で、同じ小学校に通うアキラ、ひかる、道子はスヤスヤと寝ていた。

道子が目を覚ますと異変に気付く。見渡す限り森の中、見たこともない場所だ。隣で寝ていたアキラを無理矢理起こすが、夢だと言い信じない。

確か…下校中、急に雨が降りだし同級生の3人は大きな木の下で雨宿りしていた。大雨になりゴロゴロと雷鳴が響き渡る。直後3人に雷が落ちたのだ。

アキラは雷のせいで異世界に来たのではないかと推測する。神様が現れてチート能力をくれるんじゃないかと期待するが、誰も現れない。

ここで、ひかるが目を覚ます。道子は状況を説明するがうまく伝わらない。ひかるは見慣れない光景にテンションが上がりランドセルをソリにし遊び始める。目を輝かせながらアキラもそれに続く。

道子は2人が遊んでいるのを遠くから眺めながら、自分がしっかりしないいけないと、心に誓うのだった。

遊び疲れたアキラとひかるが空腹でお腹を鳴らしながら、おやつを食べたいと言うが誰も持っていない。

ここで、アキラも家に帰れないとヤバイんじゃないかと気付く。このままではいけないと、道子は誰かを探して帰る方法を見つけようと提案。

2人とも賛同するが、歩きたくない…と愚痴をこぼすアキラだった…。

感想

生命の樹を中心に世界が崩壊し終わりが近づいている異世界に、日本の小学生3人が転移して巻き込まれいくストーリー。

チート能力で無双するタイプの漫画ではないです。友達を大事にする事や親との不仲、人間関係に焦点を当ててるようなファンタジー漫画。

心にグッと来る漫画です。本当にこの世界があるかのように見入ってしまいました。これは映画化希望です。

comicwalker

更新日

毎月27日

使い方

comicwalkerは無料で読めます。

ほぼ最新話しか読めませんが、作品数も多くよく利用してます。

コメント